エアコン工事を業者に依頼する前のチェック事項

エアコンは正しく取り付けよう~エアコン工事は事前準備が必須~

エアコン工事を業者に依頼する前のチェック事項

男性

通販でエアコンを購入したら

ネット通販でエアコンを安く手に入れるという方が増えてきています。しかし、ネット通販でエアコンを購入すると、取り付けるためにエアコン工事を依頼しなくてはいけません。エアコン工事は本体の取り付けから室外機の取り付けまでさまざまな作業が必要になります。

ブレーカーのアンペアチェックも忘れずに

エアコンを設置するなら、ブレーカーのアンペアも確認しなければいけません。エアコンを設置する場合、最低30アンペアは必要になります。アンペア数が足りないとわかったら、エアコン工事を依頼する前に契約の変更をしておきましょう。

事前に確認することもある

エアコン工事を業者に依頼する場合は、事前に確認しておくべきこともあります。エアコンのサイズや取り付ける台数、設置する場所を確認し、細かく業者の方に伝えることでエアコン工事をスムーズに進めてもらうことができます。

エアコン工事を依頼する際に伝えておくべきこと

  • エアコンのサイズと台数
  • 設置場所(室内機・室外機ともに)
  • 賃貸物件かどうか
  • 配管用の穴の有無
  • エアコン用コンセントの有無

壁用エアコン工事依頼前に確認すべきポイントランキング

no.1

エアコンの電圧と電流チェック

購入したエアコンの電圧と電流を確認することで既存のコンセントをそのまま使用できるかどうかチェックできるという理由で選ばれました。エアコンの電圧と電流によって使用できるコンセントが異なります。4つのタイプのコンセントがあるため、事前にチェックしておきましょう。

no.2

室外機を置くスペースがあるか

室内機だけでなく、室外機を置くスペースにも気を配ることが大切なので、第2位になりました。ベランダや庭などのスペースに室外機を置く場合は、壁に室外機が付かないよう、左右と後ろは5センチ以上、前は25センチ以上のスペースを確保する必要があります。

no.3

配管用の穴があいているか

配管穴はエアコンを設置する際に必ず必要な穴という理由からランクインしました。穴がない場合は壁に穴を開けて配管を通すための穴を作らなくてはいけません。賃貸物件の場合は穴を開ける作業ができない場合もあるので事前に確認しておきましょう。穴が開けられない場合は壁用エアコンではなく、窓に取り付けるタイプのエアコンを使用しましょう。

広告募集中